遊び人の一日

楽しみを求める自称遊び人が、観たい映画&ドラマや遊びたいTVゲームの紹介! そして観た!遊んだ!目的達成!なモノの感想を載せつつ、 日々の日記をつづるサイト!!

夏に考えた提出作品(長)

8月ぐらいだったかな~
  語る少女

 
小さな村にお話しが大好きな一人の少女が住んでいました。少女は他の村人とくらべると少し変わったところがありました。今日はそんな少女の不思議なお話です。

人は一日を朝からむかえ夜に終えます、しかし少女の一日は夜から始まります。

人々が寝しずまったころ少女は眠りから目を覚まし、誰もいない村の広場へとやって来た。

静寂につつまれた村、少女は広場の中心にたちつくしたまま。

しばらくすると、少女は歌いだしました。

しばらくすると、少女は踊りだしました。もしその場に人がいたならば、いっしょに楽しんでいるのではと、想うくらい少女は楽しそうに歌い踊っていました。

すると、今度は寝しずまった村から子供たちがパジャマ、裸足で外へ出てきました

「いらっしゃい。私のお友達!」

少女は子供たちに言いました。しかし、こたえる子供たちは誰もいません。あたりまえです、よく見ると子供たちは、皆目をとじて眠っているのだから。

「今日も私の話を聞いてくれるかな?」

こたえてくれる子供たちは誰もいません。それでも少女は子供たちにかたるのをやめません。

「今日はね、私の古い友人の話。今度、皆にも紹介するね!」

少女は歌い、踊り、そして語ります。やはり、こたえてくれる子供たちは誰もいません。でも、眠っているはずの子供たち、どこか寝顔は楽しそう。

しばらくすると、少女は語りを止めました。

「あっ!もうこんな時間。私も皆も帰らなくちゃ」

少女は再び歌いだします、始の歌とは違う歌を。すると、子供たちが一人、また一人と自分たちの家へと帰っていきました。少女はそれを最後までみおくると

「ばいばい。私のお友達。また明日もたくさん遊ぼうね、私のいろんなお話、聞いてね!」

少女はとてもうれしそうに、とてもまんぞくそうに、自分の家へと帰っていきました。そして、朝がくる前に眠りにつきます。

「おやすみなさい!」

 この場にはいない子供たちへの、おやすみのあいさつ。それが、少女の眠るまえの毎日の決まりごと

 

朝。

目を覚ました一人の少年が、母に言いました。

「母さん、昨日ね夢を見たよ」

「?どんな夢だったの」

どこにでもある母と子の会話。

「うん。村の友達と一緒にね、知らないところにいるの。でも怖くはなかったよ。しばらくするとね、女の子が僕たちの所にやって来たんだ。知らない子のはずなのに僕たち女の子と一緒に遊んでるんだ。女の子は僕たちに色々話しを聞かせてくれたよ。でも、夢だからかな?女の子が聞かせてくれた話、はっきりと思い出せないんだ、すごく楽しかったのは覚えてるのに・・・」

少年は悲しいのか、顔を母からそむけてしまいました。

「よほど楽しかったのね。なら、眠るときはその女の子を想ってみたらどう。また、夢で女の子に会えるかもしれないよ」

 母の言葉に少年は、顔をあげ母に聞きました。

「想えば女の子に会えるかな?」

「分からない事があれば何でもためしてみる!」

 母は少年に笑顔で答えました。

「うん!」

 少年も母につられて笑います。

「あっ!もうこんな時間だ。友達との約束に遅れちゃう!母さん話を聞いてくれてありがとう。じゃあ、行ってきます」

 少年は元気よく外へ走っていきました。母は少年を見送ります。

「行ってらっしゃい。」

 しばらくすると、母はある事を思い出しました。

「あの子の話、まるでこの村に昔からあった、語りの少女の話に似ているね。ただの昔話だと思ってたけど、不思議なこともあるんだね」

 母はそんな事を思いながら家の仕事を始めました。

 また、夜がやってきます。

 少女の話の時間がやってきます。

拍手[0回]